AGAの基準と判断するには

まず男性であることです。最近は女性も薄毛の症状で悩む人が多くなっており、原因は男性と同じですが、AGAという表示ではなく女性を示すfemaleの頭文字をとってFAGAと書かれることも多いです。AGAは男性ホルモンが影響を与えて脱毛をします。女性の体内にも少なからず男性ホルモンがあり、その影響を受けて薄毛になることがあります。しかし男性ホルモンというのは、男性らしさを示す重要なホルモンであり、これが減少するようなことがあると活力を失う原因になります。すべての男性ホルモンが薄毛の原因になっているわけではなく、薄毛の原因となる男性ホルモンが産生されることで、薄毛の影響を与えます。症状は頭頂部や前髪がM字型になるのが男性特有の症状です。女性は全体的に頭髪が薄くなる傾向があります。それでも頭頂部が共通して薄くなることがあり、また抜けた頭髪からもAGAの基準に判断することができます。抜けた頭髪は髪が細く、また先がとがっている特徴があって、それが意味するのは頭髪を切る前に抜け落ちたことです。切られる前に抜け落ちたことを示唆しており、AGAの典型的な症状になります。対象は薄毛の原因となる男性ホルモンを阻害することが必要です。大変有効的な医薬品が開発され、AGA治療に欠かせない治療薬になっていますが、男性にしか使用することができません。女性が服用すると胎児に悪影響を与えることがありますので、服用はおろか触れることさえも禁忌されている医薬品です。女性は女性ホルモンであるエストロゲンで改善する可能性がありますので、規則正しい生活をして食生活に気を付けることで改善する可能性があります。女性と一緒に暮らしている男性は、医薬品の取扱にも注意してください。

現代のAGA治療とは

現代のAGA治療の最も有名な方法は自毛を利用した自毛植毛でこの効果は確かに高いです。移植した髪の毛 は他の髪の毛と同様に脱毛期が来ると一度抜け落ちてしまいます。しかし、その後の発毛効果が自毛植毛の凄いところで、一度髪の毛が抜けたとしても移植した髪の毛の下から新しい髪の毛が次々と生えてくることになります。移植して定着した髪の毛は、正常だった頃の髪の毛のサイクルに戻って成長を繰り返すことになるので、その後に関しては一生抜け毛で悩む必要はなくなり常に発毛効果を実感することが出来ます。自毛植毛は、自己負担型の手術ですが手術の費用を支出しても余りある効果を実感することが可能です。髪の毛の移植手術に関しては、人工毛髪を利用した手術も昔はあったのですがこうした方法は現在では利用されていないと知っておきましょう。また、AGAを完璧に治療することができる自毛植毛ですが、実際に手術をする際には男性ホルモン受容体がないドナーを利用する必要性があります。しかし、患者の中には男性ホルモン受容体を採取するだけの髪の毛すらほとんど残っていない患者も想定されます。こうした患者の場合には、クリニックで購入することが可能な男性ホルモンの働きを抑制する薬を服用することで脱毛症状を改善することが可能です。クリニックで購入が可能な薬は、男性だけが利用できる薬であって女性は利用することが不可能なのでこの点は間違えてはいけません。男性型脱毛症で利用される薬の成分には、脱毛症を抑制するために男性ホルモンの働きを低下させる成分が含まれています。この成分は女性にとってはきつすぎるので、男性にしかクリニックでも処方されていないことを覚えておきましょう。

AGA治療に掛かる年間の費用

AGAは、男性ホルモン型脱毛症とも呼ばれている症状で、額から頭頂部にかけての頭髪が軟毛化し、最終的には完全になくなるまで進行します。これは、この部分の頭髪の成長サイクルが狂わされているからで、DHTという物資が毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合した場合に発症します。DHTは、男性ホルモンのテストステロンの一部が変化した物質で、II型5α還元酵素に変換されたことで作りだされます。本来は、男性生殖器の発育に関与しているのですが、毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体の感受性が高い場合は、これと結合することにより頭皮への皮脂の分泌量を増加させます。また、頭髪の成長サイクルが狂わされてしまうので、本来であれば3年~5年程度続く成長が半年程度で止まってしまいます。これにより、短い状態での抜け毛が増加することになります。ただし、現在ではこのAGAに対してはプロペシアという治療薬が開発されており、高確率で進行を止めることが可能です。プロペシアは、AGAの原因物質DHTの生産に関与しているII型の5α還元酵素の活性阻害剤で、頭皮や頭髪へのダイレクトな作用はありません。しかし、脱毛症を進行させる原因物質の生産量が減少するので、狂っていた成長サイクルが正常な状態に回復して、頭髪も自然に成長できるようになります。なお、AGAは健康に対しての直接的な影響はないので、これを改善するための治療は美容目的と認識されます。このために、プロペシアも自由診療により処方されるので、医療機関により料金には違いがあります。なお、平均的な相場は1カ月分で1万円前後であり、このことからAGA治療に掛かる1年間の費用は10万円から15万円程度となります。 また、最近ではAGA治療薬 通販も可能なので、そちらですと費用をさらに抑えることができます。